RESEARCHリサーチ

地域経済産業の調査研究

栃木県を中心とした地域経済産業の調査研究は、あしぎん総研が提供するリサーチ(調査研究)の中で最もベーシックな基盤となる部分です。地域経済産業動向の適時的確な把握とともに、時代の大局と地域の実情に根差した視点・切り口・分析等を備えた情報発信を心掛けています。

あしぎん経済概況

  • 毎月、最新データに基づき栃木県経済の基調判断を行っています。

あしぎん景況調査

  • 四半期に1回、足利銀行の営業地域における企業の景況感を取りまとめています。
  • 1963(昭和38)年から続く本調査は、“日銀短観の地域版”に相当するものとして、半世紀を超えて継続している調査です。

定例調査

  • 地域経済の動向について、定点で継続的に調査を実施しています。
    「企業からみた景気の現状と見通し調査」(1月)
    「消費動向に関するインターネット調査」(3月、9月)
    「ボーナス支給予測調査」(4月、10月)
    「賃金と雇用に関する動向調査」(4月)
    「設備投資動向調査」(7月)
    調査レポートページからご覧いただけます

自主調査

  • 時流を踏まえたテーマによる自主調査を実施しています。【主な調査実績】「人材不足に関する調査」(2018年8月号)
    「外国人雇用に関する調査」(2019年2月号)
    「台風19号の影響及びBCP策定状況に関する調査」(2020年2月)
    「新型コロナウイルスによる経営への影響調査」(2020年5月)
    「アフターコロナ・消費行動に関するアンケート調査」(2020年9月)
    「第2回新型コロナウイルスによる経営への影響調査」(2020年11月)
    調査レポートページからご覧いただけます

受託調査業務

地方公共団体など公的機関や経済団体等から、主に経済産業分野に関わる受託調査業務を行っています。地域経済産業に関する調査研究を通じて積み重ねてきた知見、経験、ノウハウなどを駆使して、受託調査業務を要件に則り効率的、効果的に行ってまいります。

主な受託実績

  • 「栃木県産業プラン策定調査業務」(栃木県、2014年度)
  • 「ヘルスケア産業振興可能性調査業務」(栃木県、2015年度)
  • 「FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya大会に関する経済波及効果・広告効果の測定など」(大会実行委員会、2016年度~2019年度)
  • 「ビジネスプランコンテスト応募者向けeラーニング講座の企画・制作」(宇都宮青年会議所、2020年度)

本業支援リサーチ

オープンデータ、クローズドデータなど各種データを活用して、主に個人向けにビジネス展開している地域企業の皆さまの本業に関わる課題解決に役立つ有償での調査研究です。
マーケットの現状把握や仮説検証に基づく各種計画の立案・検討、ステークホルダー向け説明資料としてのエビデンス、SWOT分析の外部環境分析などにご活用いただけます。

マーケティング基礎調査

  • 人口統計等のオープンデータを用いた調査。
  • 外部環境分析ツールとして商圏環境や商圏ポテンシャル等の分析に活用できます。

Webアンケート調査

  • 個人を対象としたWebアンケート調査。要望に応じた設問内容の設計・分析・データ加工を行います。
  • 一般消費者の生の意見(ニーズ、価値観等)が収集できます。